この記事を書いた人
寺場 友達

テラバブログを書いてる寺場友達(てらばともだち)です。面白いことが書けるように頑張ります。
好きなことは料理、映画鑑賞、自然の食材を食べること、など様々
キャラクターもたまーに作ってます。Twitter、Instagram、lineやってます。プロフィール名のリンクが自己紹介ページになっていますので是非ご覧ください。

寺場 友達をフォローする

ダチョウ牧場から貰った卵でいろんな料理作ってみた!

寺場友達の記事

 

みなさんどうも。寺場友達です。

 

  

 

そしてこちらがダチョウの卵です。

 

 

 

今回はダチョウの卵を使っていろんな料理を作るという企画になっております。

 

 

この卵は、ツイッターで美里オーストリッチさんが開催したダチョウの卵プレゼント企画において、僕が当選して、もらえたものです!

 

 

当選の通知が来た瞬間にガッツポーズしました。

 

 

美里さんは埼玉県のダチョウ牧場で働いています。ホームページはこちらからhttps://misato-ostrich.com/

 

 

   

ツイッター上ではダチョウの魅力を多くの人に伝えていているので、僕もこのブログで魅力を伝えるお手伝いをします!

 

 

ちなみに、この卵は郵送してもらったのですが、宅配便のお兄さんから「これダチョウの卵? すっげ」と言われました。

 

 

それはさておき、早速卵を食べていきましょう。

 

ダチョウの卵の割り方

 

普通の卵なら片手で割れますが、流石にダチョウとなると片手では無理です。というか両手でも無理です。では何で割るか。

 

 

 

これです。

アバトア
アバトア

狂った?

 

安心してください。気が狂ったわけではありません。

 

 

 

ダチョウの卵の殻は厚さが3ミリもあり、素手では割れないため、工具を使います。

 

本来ならばトンカチを使うのですが、家になかったのでペンチで代用します。

  

 

 

割り方は付属の紙にとてもわかりやすく書いてありますので、ダチョウの卵を初めて割る人でも心配ないですよ。

  

テラバイズ
テラバイズ

ほとんどの人が初めてでしょ。

 

 

最初に部屋を暗くしてから卵をライトで照らします。

すると空気がたまっている場所がわかるので、鉛筆でマークして、そこにトンカチなどで慎重にヒビを入れていき、破片を取り除くそうです。

 

 

付属の紙には包丁のあごを使ってもいいとのことでした。

 

 

シュール

 


 

卵を割るには注意することがあります。

 

 

 

ほかの人のブログを見ると、黄身をきれいな状態で取り出すのは意外と難しいらしく、殻にあけた穴にとがった部分があると割れてしまいます。

 

 

もちろん殻を真っ二つに割ればきれいに中を取り出せますが、殻もきれいな状態で残しておきたいのでその選択肢はありません。

 

 

つまりなるべく小さくて、真ん丸な穴をあけなければならないのです。

 

では、慎重にたたいていきます。

 

 

 

 

  

  

 

 

20分後

 

全っ然割れません。

 

黄身と殻をきれいな状態にしたいという気持ちで、全然強くたたけない。恐い。

 

しかも、ずーっと包丁でカンカン叩いてたら少し欠けてしまいました。なんて硬さだ。

 

 

 


若干イライラしながらペンチで叩いてたら、ついにヒビが入りました!

 

慎重に取り出していきましょう。。。

 

 

 

スッ…

ドボッン!

 

 

出ました!

 

 

 

気になる中身はこんな感じです!!

 

 

 

 

 

いや割れとるやんけ。 

 

 

 

黄身割れとるやんけ。

 

 

え?嘘でしょ?

 

20分以上もかけたのに?   包丁も少し欠けたのに?

 

 

しかし、殻の穴は比較的小さくできたので良かったです。

 

小さいか?いや、小さいということにしておこう。

 

 

 

 

それにしてもすごい大きさだ。鶏の卵の約20倍です。

 

 

 

鶏の卵と比べたらこんな感じ。

 

 

 

ウズラの卵と比べたらこんな感じ。

 

 

 

三つの画像を合成するとこんな感じになります。改めてでかい。

 

 

 

さて、大きさは十分堪能したので、さっそく料理していきましょう。

 

ダチョウの卵で親子丼を作る

 

少しもったいない気がしますが混ぜます。

 

これから親子丼を作ります。

 

 

ダチョウの卵は別のブロガーがよく目玉焼きにしてますが、人とかぶるのは面白くなかったので親子丼にしました。

 

 

 

え、ダチョウの卵と鶏の肉では他人丼だって?

 

 

誰が鶏の肉を使うと言いましたか?

 

 

 

ダチョウの肉です。

 

 

 

美里さんが働いているダチョウ牧場から購入しました。

 

 

残念ながら、モモ肉は売り切れでしたが生ハムは買えたのでこれで代用します。

 

 

そしてできたものがこちら

 

 

ぐちゃぐちゃの写真ですみません

 

ダチョウの卵は食べる時に要加熱ということだったので、しっかり火を通しました。

 

 

そして気になる味は…普通に美味しいです。

 

鶏の卵よりも水分が多いため、少しだけ味が薄い気がしますが、ほとんど気になりません。

 

 

 

そして生ハムがおいしい。

 

 

しつこい油が無くヘルシーなのに、肉自体にしっかりとうまみがあっておいしいです。

 

正直こんなにおいしいとは思いませんでした。

 

 

ダチョウの卵でスフレオムレツを作る

 

次はスフレオムレツです。

 

 

スフレオムレツとは簡単に言えば、混ぜまくって空気をたくさん含ませた卵で作る超ふわふわのオムレツです

参考にさせていただいレシピはこちら。https://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/190416/recipe_1.html?media=print

 

 

卵に材料を入れて、混ぜまくります。

 

 

 

しかし、いくら混ぜても泡立ちません。

 

 

おそらく水分が多いため、あまり泡立たないのでしょう。

 

なんという誤算

 

 

 

しょうがないのでこのまま焼きます。

 

そしてできたものはこちら

 

 

 

食べてみるとおいしいですがふわふわ感はありません。

 

 

ダチョウの卵は混ぜたときに泡立ちにくいので、ふわふわ系の料理には向かないようです。

 

 

まとめ

 

ダチョウの卵を食べるなんて一生に一度あるかないかの経験なので、美里さんには本当に感謝してます。

 

とてもおいしかったです。

 

そして生ハムがスゲーおいしかった。

 

 

 

ダチョウの卵もダチョウの生ハムも、オンラインショップで買うことができます。

正直言って卵は高くてなかなか買えませんが、生ハムならそこまで高くないのでみんな買おう!!!!

オンラインショップはこちらhttps://misato-ostrich.com/online-shop/

 

 

最後のほうは思いっきり宣伝になってしまいましたが、とてもいい経験ができました。

 

 

 

もしかしたらもう一度、ダチョウの卵プレゼント企画をやってくれるかもしれない(?)ので

美里オーストリッチさんのこれからの活動にも注目ですね!

フォローはこちらから https://twitter.com/Misato_Ostrich?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Eembeddedtimeline%7Ctwterm%5Eprofile%3AMisato_Ostrich&ref_url=https%3A%2F%2Fterabaism.com%2F%3Fp%3D438

 

 

 

  

今回はここらへんで終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまたこんど。

 

この記事を書いた人 寺場友達

 

 

 



スーパーでは手に入らないユニークなお肉が、500種類【ミートガイ】

コメント