この記事を書いた人
寺場 友達

テラバブログを書いてる寺場友達(てらばともだち)です。面白いことが書けるように頑張ります。
好きなことは料理、映画鑑賞、自然の食材を食べること、など様々
キャラクターもたまーに作ってます。Twitter、Instagram、lineやってます。プロフィール名のリンクが自己紹介ページになっていますので是非ご覧ください。

寺場 友達をフォローする

福岡県立美術館に行ってきた!芸術の楽しみ方

寺場友達の記事


みなさんどうも。寺場友達です。

突然ですが、美術館に行ったことはありますか?

 

 

 

映画館や博物館とは違い多くの人は行ったことないと思います。

 

 

僕もそうでした。

 

 

 

しかし、高校時代に美術部だったからには人生で一度は美術館に行ってみたい!

 

 

 

ならば生きているうちに行かなくては!

 

 

 

 

そう思った僕は福岡に飛んだのであった。

 

 

美術館に行く

 

はい。いきなりですが盛りました。

 

 

別に美術館に行くために福岡に行ったのでは無いです。

 

 

福岡に行く用事があったのでそのついでで美術館に行っただけです。

 

 

 

あ、美術館に行きたかったのは本当ですよ。

 

 

 

 

それはともかく美術館と言ってもどこに行けば良いのでしょうか。

 

 

とりあえずグーグル先生に聞いて福岡市立美術館に行こうと決めました。

 

 

 

 

前日になってからリニューアル中で入場できないと気づきました。あぶねえ。

 

ということで福岡県立美術館に行き先変更です。

 

 

 

グーグルマップを頼りに行ったのですが目的地が入り口の真逆だったので美術館を一周回って入り口を探す羽目に。

10分かかりました。

 

 

 

現在はやっていませんが「おしゃべりな絵画と寡黙な絵画」という特集がやっていたのでそれを見ることを目標にしましょう。

 

 

1階 カフェ、案内所

 

 

さあ、いよいよ入館です。

初めて入る美術館…。しかも一人…。

 

 

あたりはかなり静かで「美術館」という空気が漂っています。

 

超緊張感。

 

 

 

入館料って払うのかな?

払うにしてもどこで?

入っていいの?

入っちゃうよ?

 

 

不安だらけですが階段近くの案内マップを見たら1階は入場料がいらないそうです。

犯罪者にならなくてよかった。

 

 

2、3階  専門学校生の作品

 

2階と3階には地域の専門学校生の作品が展示してありました。

 

結構若い人もいます。

 

 

 

美術館というと絵だけのイメージがありますが

デザインされた服や地域の企業とのコラボ商品なんかもあって面白かったです。

 

 

 

なかには

人とは違う自分のセンスに酔いしれているような、めんどくさい美大生のような作品もありましたがね。

 

 

 

 

それにしても若い人が多いな。

 

あっちには家族連れだ…。

 

 

 

あれ?

 

 

ここであることに気づきます。

 

 

作品を見にきてる人のほとんどが地域の専門学校生とその家族じゃね?

 

 

 

完全にそうだ。

 

だってみんな仲良く喋ってるもん。

 

あ、今これ私の作品だよーって聞こえた。

 

 

 

自分の周りが完璧に構築されている自分の属さないコミュニティだと一気にアウェイ感が出てきます。

 

4階は専門学校生の作品ではなく、プロの画家の絵が展示してあるのでそこに避難することに。

 

 

4階 プロの画家の絵

 

4階では入場料を支払います。

 

 

お客さんが自分を含めて二人しかいませんでした。

 

 

4階では昔の日本の巻物の絵から

西洋の美術が日本に影響を及ぼし始めた頃の絵がありました。

 

 

展示室の奥ではシュルレアリスムという目で見えないことを書く技法を使った絵や

印象派と呼ばれる直感的に描かれた絵から芸術を読み解く芸術などがありました。

(シュルレアリスムで有名なのは、記憶の固執、ゲルニカなど

印象派は印象・日の出、など)

 

 

うーん

 

 

 

一言では言い表せづらいですが、一言で言うというなら…

 

 

芸術ってよくわからん。

 

 

心に訴えかけてくるものはあるんですがそれが何なのか素人の僕にはわかりませんでした。

めんどくさい美大生ならわかるかもしれません。

 

 

 

4階を後にした僕は3、2階を少し見たら美術館を出ました。

 

 

 

かなりいい経験になったと思います。

 

 

 

芸術はわかりませんでしたが、アイディアのヒントはたくさんもらえました。

 

 

意外にも美術館は多くあるのできっとみなさんの周りにもあると思います。

 

 

アイディアが欲しい人はぜひ行ってみてください。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

僕自身美術館に行ったのは初めてで、味わい尽くせなかったかもしれませんがいい経験となりました。

 

 

美術館に行くのがめんどくさい!という方はアートブックを買うのもいいかもしれません。

 

 

ですが実際に行き、空気に触れ目で見ることも大事だと思います。

 

 

 

芸術の楽しみ方は人それぞれだと思うので自分に合った方法で楽しんでくださいね!

 

今回はここらへんで終わりたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それではまたこんど。

 

この記事を書いた人   寺場友達

コメント