この記事を書いた人
寺場 友達

テラバブログを書いてる寺場友達(てらばともだち)です。面白いことが書けるように頑張ります。
好きなことは料理、映画鑑賞、自然の食材を食べること、など様々
キャラクターもたまーに作ってます。Twitter、Instagram、lineやってます。プロフィール名のリンクが自己紹介ページになっていますので是非ご覧ください。

寺場 友達をフォローする

簡単にできるイカの捌き方 ついでに珍味の白子も食べてみる

寺場友達の記事

皆さんどうも。寺場友達です。

いきなりですがイカは好きですか?

 

僕は子供のころはそこまで好きではなかったんですけど最近になってイカのおいしさに気付きました。

 

 

とある日にスーパーで買い物をしていると生のイカが売っていたのでこれは買うしかないと思い脊椎反射で購入しました。楽しぃ~!と思いながら料理している時、ふとこんなことを思いつきます。

 

 

 

イカの捌き方を知ってる人って何人いるんだろう?

 

 

 

イカは好きだけど捌き方を知らない人は結構いるはず。

ということで今回はイカの捌き方を実際に捌いて気付いた点も挙げつつ紹介したいと思います。

 

イカの体の構造

どんな生き物でもそうですが捌くにはまず体の構造を知ってなきゃいけませんよね。

 

というわけでイカの体はこうなっています。

 

人間の体をイカのようにしてみるとこんな感じです。

 

だからどーだこーだというわけではないですが。

 

イカの捌き方

まずは内臓を取らなくてはいけないのですが、内蔵と身を分けるためには目の上にあるつながっているところをはがさなくてはいけません。

 

目の上からおなかの中に指を入れてつながっているところを三センチ程度はがしましょう。

 

 

はがせたら胴体と足の部分を持って引っ張れば簡単に内臓が出てきますよ。

内臓はこうなっています。

 

写真だとグロいのでイラストでお送りします

 

内臓が取れたら骨を指でススーっと抜き取ります。

 

 

イカスミを料理に使いたい方はスミ袋を指でやさしく取り外しましょう。破らないように注意!

 

イカの内臓はイカの塩辛として食べることができますが僕はイカの塩辛が嫌いなので今回は作りませんでした。

なので作り方は割愛します。

 

 

 

内臓はすべて取り出したと思っても体の内側には白いえらや白子がくっついてる可能性があるのでそれもきれいに取っちゃいましょう。

 

いやでも待てよ?たしかイカの白子って食べれるんじゃ?調べてみると食べられる!

 

ということで生まれて初めてイカの白子を食べてみることにしました。気になる味の感想はこの記事の最後に書いてあります。

 

 

 

 

さて、内臓がすっかりきれいになったところで今度はイカの身を部位ごとに切り分けていきます。

 

足と頭を切り分けましょう。

頭は目玉とカラストンビといわれるくちばしを取り外したらOKです。軟骨のようなコリコリっとした食感でおいしいですよ。

 

 

イカの足には獲物をがっしりと捕らえて逃がさないようにするために爪がついています。なので爪を包丁や手でしっかりと取りましょう。食べたときに変な食感になったら嫌ですからね。

ちなみにこの爪はよく見るとキモイのであまり見ないことをオススメします。

 

胴体の部分は三角形のヒレを切り離します。こちらも歯ごたえがあっておいしいです。

 

 

 

これでそれぞれの部位ごとに切り分けられました。あとは好きな大きさに切って自由に料理してみてください!

 

余談ですが僕はイカそうめん状に切った胴体を酒、みりん、砂糖、醤油で作ったタレに数時間おいてイカスミと一緒に焼きました。タレの味が強すぎてイカスミの味は無になってしまいましたがとてもおいしかったです。

イカの白子を食べよう!

とりあえず取り出したイカの白子ですがはっきり言ってどんな料理がいいのか全く分かりません。今回はシンプルに茹でたものをポン酢でいただきたいと思います。

しかしここで問題が。

 

実はこのイカ買ってからすでに数日経過しており鮮度があまりよくありません。

なので白子がすっげー生臭い!

 

 

 

何とかならないかとグーグル先生に聞くと

塩をかけておくと水分と一緒に臭みも消えるよ。と教えてくれたので塩をかけることに。

 

隣の黒いのは墨袋です

 

しかしどれだけかければいいんでしょうか?

 

わからないのでとりあえず大量にかけておきます。茹でる直前に真水につけておけば塩味は減るので味に影響はないと思いますのでご安心ください。

 

 

 

数時間後

 

 

 

これだけおけば大丈夫だろうと思いましたがまだ生臭いです。

不安はありますが茹でればにおいは消えると信じて茹でてみます。すると...

 

タコの足を茹でたかのようにクルクルと丸まっていきました。

 

 

数分間茹でた後にあげてみるとかすかに臭いはありますがかなりマシです。

 

さていよいよ実食です。臭いは大丈夫なんでしょうか?

そしてどんな味がするんでしょうか。気になります。

まずは何もつけずに素材の味を楽しみたいと思います。

 

ぱく…

しょっぱ

いやもう臭いとか気になる以前にしょっぱ

 

茹でる前に水につけておいたんですけど全然塩が抜けてなかったようです。

 

味には影響がないと言いましたが影響しかありませんでした。

 

 

気を取り直して今度はポン酢をかけて食べたいと思います。ポン酢をかければおいしくなるはず!

ぱく…

しょっぱ

 

すでに文字が見えていたと思いますがやっぱりしょっぱいです。

 

ポン酢をかけたことによってさらにしょっぱくなってしまいました。逆効果でしかありません。

 

 

というわけで気になる白子の味の感想は…

 

 

すいませんでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。イカの捌き方がわかりましたか?

この記事を読んで一人でも多くの方が料理に関心を持ってくれたらうれしいです。

 

イカを自分で捌くことのメリットは普段は食べられないような部位も食べられるということです。

今回はイカの塩辛は作りませんでしたが興味のある方はぜひ作ってみてくださいね。

 

 

それにしてもどの部分もとてもおいしかったです。白子は残念な形になってしまいましたが、経験の一つと考えればまだマシです。

 

とりあえず今回のことで学んだ教訓は

生ものは早く調理しよう

 

 

 

そんなわけで今回はこのへんで終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまたこんど。

 

この記事を書いた人 寺場友達

コメント