この記事を書いた人
寺場 友達

テラバブログを書いてる寺場友達(てらばともだち)です。面白いことが書けるように頑張ります。
好きなことは料理、映画鑑賞、自然の食材を食べること、など様々
キャラクターもたまーに作ってます。Twitter、Instagram、lineやってます。プロフィール名のリンクが自己紹介ページになっていますので是非ご覧ください。

寺場 友達をフォローする

抹茶味のお菓子を食べる

 

みなさんどうも。寺場友達です。

 

いきなりですがみなさん。世の中に抹茶味のお菓子って多すぎだと思いませんか?

 

 

あ、今あなたすごくどうでもいいなって思いましたね。確かにどうでもいいんですけど、気になってしまったものは仕方がありません。

 

なんせ多すぎるから。

 

いや、悪いってわけではないんです。むしろいい。美味しいですからね。

 

でもあまりにも抹茶味に頼りすぎな気がしませんか?

  

 

と言うわけで今回は抹茶味のお菓子の現状について調べていきたいと思います。

 

 

こんなものにも抹茶味

 

というわけでコンビニに2軒、行ってきました。

 

実は最初に入ったコンビニに思った以上に抹茶味のお菓子が少なかったので、「企画倒れ」という恐ろしすぎる四文字を頭に浮かべながらコンビニを、はしごしたのです。

 

 

 

集めてきたお菓子を紹介します。

 

 

クリーム玄米ブラン(豆乳抹茶)

クリーム玄米ブランです。

中のクリームに抹茶が使われていますね。

 

そしてここで使われている抹茶は、豆乳抹茶というものです。初めて聞きましたが調べると抹茶味の豆乳のことらしい。

 

って抹茶味にするために別の抹茶味の物を入れてるのか。

 

 

ポッキー(濃い深み抹茶)

 

次は人気お菓子のポッキーです。

 

気づいたんですがポッキーってあまり味のバリエーションがありませんよね。

味をチョコに混ぜなきゃいけないのでイチゴ味や抹茶味のものしか見たことがない気がします。

 

 

使われている抹茶は濃い深み抹茶です。

抹茶にもいろんな種類があるんですね。

 

 

カントリーマアムミニ(低温熟成抹茶)

画像が切れてしまいすいません

 

カントリーマアムです。このお菓子はチョコやクリームに混ぜられているのではなく、生地そのものに抹茶が入っています。

 

 

使われている抹茶は低温熟成抹茶。

 

これは低温で熟成させることで渋みを抑えて、旨みと甘みを引き出した抹茶です。

 

 

おいしくもぐもぐたべるチョコ(まろやか抹茶)

 

このお菓子もチョコに抹茶が混ぜられていますね。

 

使われている抹茶はまろやか抹茶。

 

苦味が抑えられています。

 

 

雪見だいふく(涼み抹茶) 

 

アイスにも抹茶が多く使われています。

 

これはアイスに抹茶が混ぜられていますね。

 

中身はこんな感じ。

食べかけですいません

 

それにしてもなんでこんなに抹茶味のお菓子が多いんでしょうか。

 

 

抹茶を飲みながら考えます。

  

 

お菓子の共通点としては、チョコレートやクリームに混ぜられているのが多いようです。抹茶は粉なので、何かに混ぜて使うというのが多いようです。ってことは抹茶の粉が混ざるものなら、なんでも抹茶味になるということですね。抹茶味にできるものはかなり多そう。水分があれば何にでも混ぜれるわけですから。

 

 

生地冒頭で抹茶味のお菓子が多いと言っていましたが、なぜ多いのかその理由がわかった気がします。

 

皆さんも抹茶味のお菓子を食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

さて、抹茶を飲むにはコップが必要ですが…。

 

今日は皆さんに紹介したいコップがあります。

それがこちら。

https://www.g-mark.org/award/describe/32290?locale=ja

 

 

白山陶器株式会社から発売されている。ファンシーカップです!

 

おしゃれなデザインをしていて、この商品はあのグッドデザイン賞を受賞したこともあるんです。

 

 

カップのくぼみで小さなお子様でも持ちやすくなっています。

 

 

視覚的にも触覚的にも斬新なカップ。アマゾンでも買えるので、興味のある方は是非。

 

 

 

今回はここら辺で終わりたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

それではまたこんど。

 

 

ちなみにこれは抹茶と間違えて買ってしまった緑茶です。

 

 

 

この記事を書いた人 寺場友達

コメント