この記事を書いた人
寺場 友達

テラバブログを書いてる寺場友達(てらばともだち)です。面白いことが書けるように頑張ります。
好きなことは料理、映画鑑賞、自然の食材を食べること、など様々
キャラクターもたまーに作ってます。Twitter、Instagram、lineやってます。プロフィール名のリンクが自己紹介ページになっていますので是非ご覧ください。

寺場 友達をフォローする

プールに行った話

1分テラ文書

時は中学1年生

 

 

暑い。

というわけで友達とプールに行くことにした。

 

当時、プールに行くとなると親の車で行っていたがもう中学生なのだ。

そろそろ友達と自転車で行くというのも悪くない。

 

 

正直言ってプールの場所はわからないが、友達が友達の友達に聞いていたから平気だろう。関係性遠いな。

 

 

聞いた行き方はこうだ。

 

まずは、近くのスーパーに行きその近くの川をたどる。焼き肉屋が見えたら左に曲がってそのまま真っすぐ行くと着く。

 

 

かなりざっくりしているが何となくの地図は頭の中に入っているので、行けると思っていた。

 

行けると思っていた。

 

 

 

まずはスーパーに行く。そこまでの道はわかるので簡単だ。

 

問題はここから。「川をたどる」と言っていたがどっち向きにたどればいいのかわからない。

 

どっちだ?ここで間違えたらプールとは逆方向に行ってしまうぞ。

 

 

当時はスマホも持っていなかったので、もちろん地図を見ることもできない。

 

どうしよう。というかなんで友達の友達に聞いたんだ。親に聞けばよかった。

 

 

するとここでいい匂いがした。

焼き肉の匂いだ。

 

においを頼りに進んでいくと確かに焼き肉屋があった。ここを曲がればいいんだな。

とてつもない食欲に襲われたが我々の目的はプールに行くこと。焼き肉ではない。というわけで左に曲がった。

 

 

あとはプールが見えるまでまっすぐ進むだけだ!

 

 

 

20分ほど進むと海が見えてきた。

 

 

は?

 

おかしい。あきらかにおかしい。近くにプールの気配は全くないしここで泳げというのか?

 

これはあれだ。

 

道に迷った。

 

 

どこで間違えたのか全く分からない。

 

 

偶然にも近くに公衆電話があったので親に電話してみた。

見た目はずいぶんとボロボロでちゃんと使えるか心配だが使うしかない。

 

「あ、もしもし。実は道に迷っちゃてさ。○○プールの道を教えてくれない?」

「……プー…な……あ……をまが……たさき…………にあるよ」

 

使えなかった。

 

耳が受話器に埋まるぐらい強く押し当てたがよく聞こえない。

 

「え?ごめん。もう少し大きな声でしゃべってくれない?」

「あみ……て…って……や…とり……をまが……にあるよ」

 

だめだこりゃ

 

 

しょうがないので近くにいた人に場所を聞いたらすごくわかりやすかったし15分後にはプールについていた。

 

 

どうやら焼き肉屋で曲がったところが違ったらしい。実は焼き肉屋を通り過ぎた後に、別の焼鳥屋があってそこを曲がらなければいけなかったのだ。

 

ふつう焼き鳥屋を焼き肉屋と呼ぶだろうか。まぎらわしすぎる。

 

結局プールについたのは午後5時ごろで少ししかプールで泳げなかったが、それもまたいい経験と考えることにしよう。

 

そしてこれからは、友達の友達から道を聞かないようにしよう。

 

おしまい

コメント