ウェブライターに転職する方法【3つのメソッド】

ウェブライターに転職する方法【3つのメソッド】 仕事術

こんにちは。仕事術ブロガーの寺場友達(@terabais)です

今回は、ウェブライターに転職する方法について話します

 

この記事はこのような人に向けた内容になっています。

ウェブライターに転職したいな。でもどうやって転職するんだろう?それにどんな人がウェブライターに向いているんだろう?

ウェブライターの仕事は家でできることが多く、自分のペースで仕事ができるため人気のある仕事です。

 

この記事を読むとウェブライターになるにはどうしたらいいかや、向いている人が分かります。

文章を書く仕事がしたい、パソコン一台で仕事がしたいという人は、この記事を読む価値があるので、是非最後までご覧ください。

 

ウェブライターの仕事とは

ウェブライターの仕事とは

ウェブライターの基本的な仕事は、ウェブメディアに向けた記事を書くことです。

およそ2000~4000文字程度の記事で、サイトの特色に合わせた記事を書かなくてはいけません。例えば、まじめな情報系のサイトに記事を書く場合、しっかりとした文体や正しい情報を取り入れることが求められます。

逆にエンタメ系のサイトでは、おもしろく読者に喜んでもらえるような記事を書く必要があります。

このように様々なメディアからの依頼があるので、働き方は多くの種類がありますよ。

また、ウェブライターの魅力はどんな人でもできるという事です。

特別な資格や免許などはいりませんし、高校生の方でも高齢者の方でもウェブライターとして働くことができます。

ある程度の文飾力があれば、稼ぐためのチャンスがあるので、ウェブライターの仕事は非常に可能性にあふれていると思います。

また、場所を選ばなくても仕事ができるケースもあるので、海外に移住しながらもウェブライターで稼いだり特定の職場を持たないノマドワーカーとして生きていくこともできます。

ウェブライターに転職する方法

ウェブライターに転職する方法

企業に勤める

様々なニュースメディアやエンタメ系の記事を書いているサイトなど、企業はたくさんあります。

その企業にウェブライターとして勤めるといった方法もあります。いろんな企業の情報をチェックして、ウェブライターを募集したらすぐに申し込んでみましょう。

また、ライターとしての自己PRをすることも大切です。ライターになりたい方はこちらの記事を読んでみてください。
ライターを目指す人の自己PRの書き方【例文あり】

企業のウェブライターのメリット

収入が安定する

企業はすでに仕組みの基盤ができているので、収入面で苦労することがほとんどありません。稀に信用できない企業もありますが、そんな企業には申し込まないようにすればいいだけです。

ウェブライターの仕事だけで生活できる可能性も十分高いので、自分の仕事をウェブライターにしたい!という人は、企業に勤めるのをオススメします。

仕事仲間ができる

また、企業は組織によって作られています。当たり前ですが自分以外にも人がいるので、孤独になりがちなウェブライターにとっては、仕事仲間というかけがえのない存在を手に入れれるかもしれませんよ。

一人で仕事がしたいという人でも、それはそれで人と会わなければいいだけなので問題ありません。

企業のウェブライターのデメリット

就職するまでが難しい

もちろんですが、企業でウェブライターとして働くには雇われなければいけません。

たくさんのウェブライターがいる中で、自分を選んでくれるというのはなかなか難しいことです。

締め切りに追い込まれる

雇われるという事は、仕事の責任も出てきます。

この記事をいつまでに書くといった締め切りに追い込まれる生活になるでしょう。

フリーランスになる

フリーランスのウェブライターは、ウェブメディアからの依頼を受けて記事を書くので、単発的な仕事が多いです。メディアに気に入られると継続的に仕事ができますが、あまり多くないでしょう。

なのでフリーランスのウェブライターは、どれだけ仕事ができるかというのが重要になってきます。

フリーランスのメリット

気軽に働くことができる

フリーランスでの仕事は、会社のルールや人間関係に縛られることがほぼありません。

また、フリーランスなので職場に行って記事を書くこともしなくていいです。

言ってしまえば、家でお菓子を食べながらゴロゴロして記事を書いても、全く問題ないのです。

収入に夢がある

フリーランスでの働き方は、仕事を多岐にわたらせることができます。どういうことかというと、仕事に制限がないという事です。

企業に勤めたウェブライターの場合は、ほとんどの場合がその企業との仕事だけです。しかしフリーランスとして働くと、様々な企業と仕事ができて仕事量が増えるので、頑張れば頑張るだけ収入が増えていきます。

しかし、現実はそこまで甘くありません。

フリーランスのデメリット

収入が入るまでが長い

フリーランスのウェブライターは現在非常に多くの人数がいます。大勢の人の中から自分を選んでくれるようにするには、信頼が必要です。

ですが、ウェブライターとして働き始めた人は信頼も実績も何もないので、最初の収入が入るまでが非常につらいものになります。

始めたばかりの人は収入がほとんど得られませんが、まずは書き続けるしかないですね。

一人で仕事をしなくてはいけない

フリーランスの方は基本的に一人で働きます。なので、孤独に強い人にオススメです。

クラウドソージングを使う

クラウドソーシングとは、特定の仕事をネットサービスを通じて一般の人に依頼するというものです。

有名なクラウドソーシングでは、このようなものがあります。

・ランサーズ
・クラウドワークス
・サグーワークス

クラウドソージングのメリット

すぐに働ける

クラウドワークスのメリットはすぐに働けることです。いろんなとこらから募集される以来の中から、自分がやりたい仕事を選びましょう。

募集締め切り期限までに募集人数よりも多い人数が集まった場合は、選べれないかもしれませんがほとんどの場合大丈夫です。

フリーランスとしての仕事を自らの手で集めやすいので、クラウドワークスはすぐに仕事ができるというメリットがあります。

クラウドソージングのデメリット

収入が少ない

たくさんの仕事が募集されていて仕事がないという事は無いのですが、クラウドソージングで募集される仕事はとても簡単な仕事が多いです。

つまり誰でもできる仕事。なので重要性が低く給料が低いというデメリットがあります。

一か月本気で取り組んだとしても、生活費を稼げるかといわれると難しいです。

ウェブライターに向いている人

ウェブライターに向いている人

ライティングスキルがある人

ライティングスキルとは、文章を書く能力のことです。

当たり前ですがウェブライターの仕事は文章を書くこと。それも読んでいる人にわかりやすく最後まで読んでもらえるようなテクニックを入れなければいけません。

作文を書くのが得意だったり、本を読むのが好きという人はライティング力があるかもしれません。

そんな方はウェブライターの仕事に向いていると思います。

SEOの知識がある人

SEOとは【Search Engine Optimization】の略で、検索エンジン最適化という意味です。

簡単に言うと、何かキーワードを検索したときに、記事が検索エンジンで上位に表示されるための工夫です。

この記事を読んでいる方も、「ウェブライター 転職」と検索した人もいるかと思います。

SEOというものはウェブメディアにおいて非常に重要なものなので、ウェブライターになりたい人は少しでもいいのでSEOの知識を身に着けたほうがいいですね。

 

というわけで今回はここらへんで終わらせてもらいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッターもやっていてビジネスや仕事に対してのツイートもするので興味のある方はフォローしてくれると嬉しいです。

この記事を書いた人 寺場友達(てらばともだち)

寺場友達のTwitterアカウントはこちら

この記事がいいと思ったらSNS等で拡散してくれると嬉しいです。

↓↓↓応援のクリックお願いします!
仕事術
寺場 友達

仕事をうまくこなすためのテクニックやマインドを発信している仕事術ブロガーの寺場友達です。
Twitter、Instagram、noteやってます。プロフィール名のリンクが自己紹介ページになっていますので是非ご覧ください。

寺場 友達をフォローする
寺場 友達をフォローする
テラバジョブ
タイトルとURLをコピーしました