【完全攻略】面接の流れや聞かれること|自分の強みを自己PRする質問

【完全攻略】面接の流れや聞かれること|自分の強みを自己PRする質問スキルアップ

こんにちは。仕事術に関する情報を発信している寺場友達(@terabais)です。

 

この記事は次のような人に向けた内容になっています。

面接をやる予定があるけど、どんなことを聞かれるのかわからないから不安だな。面接の流れや種類を知りたいし、自己PRもどんなことを言ったらわからない。面接のコツを知りたいな。

会社に働くためには、基本的には面接を受けなければいけません。

あらかじめ面接に対して予習しておくと、何も心配せずにいい結果を残すことができますよ。

 

この記事を最後まで読めば、次のようなことが分かるようになります。

・面接の種類が分かる
・面接のコツがわかる
・自己PRの仕方が分かる

上記のことが分かるのようになれば、面接を上手にすることができるので、自分の希望する会社で働くことができます。

面接の流れや聞かれること

面接の流れや聞かれること

以前このようなツイートをしました。

面接というのは先に準備をすることが大事です。その会社の面接の仕方やどんな質問を聞かれるかなどをリサーチしたほうが圧倒的に有利になるからです。
また、自分をどのようにPRしたいいのかわからないと、自分の良さを伝えられません。面接をするときは、絶対に必要な知識です。

面接の種類

面接の種類

基本的に面接の種類は次の3つです

・グループディスカッション
・集団面接
・個人面接

それぞれの特徴を理解することで、面接でいい結果が残しやすくなりますよ。

グループディスカッション

グループディスカッションは、与えられたテーマに沿って複数人で話し合う形式の選考です。

1グループあたりの平均人数は、2~5人です。

 

グループディスカッションの流れは、このようになっています。

  1. 企業からルールなどが伝えられる
  2. 自己紹介や簡単なあいさつをする
  3. 司会、書記、タイムキーパーなどを決める
  4. グループでディスカッションをする
  5. 意見をまとめる
  6. 発表する

グループディスカッションでは、会話に積極的に参加できているか、協調性がある会話ができているかなどが見られます。

コミュニケーション力や自分の意見をはっきりいうことが大事になので、しっかりと会話する練習をしておきましょう。

集団面接

集団面接とは、自分一人で面接官と面接をするのではなく、複数の就活生と一緒に面接をするスタイルです。

集団面接のポイントとしてはこのようなものがあります。

・他の就活生と比べられる
・他の人の答えに引っ張られない
・他の人の答えと被ってもいい

他の人の発言を聴いていると、自分の言いたい事と被るときがあります。

ですが、そのような場合は無理に答えを変えようとはせずに、同じことを言っても構いません。

同じようなことをいうときは、「先ほどの方と同じですが」という人ことを添えるといいですよ。

 

また、集団面接では一人一人の回答時間が短いのが特徴なので、答えは長すぎずに的確な言葉でまとめましょう。

個人面接

個人面接では、集団面接とは違いマナーや回答をより丁寧に気を付けなければいけません。

扉を開ける動きや椅子に座る方法を、確認するといいですね。

 

個人面接になると、自分の発言をより一層しっかり聞かれるようになるので、自分に回答に矛盾が無いように気を付けましょう。

一つの質問に対して、さらに詳しく聞かれる場合もあるので、自分の意見をしっかりとまとめてから面接を受けることが重要です。

面接で問われること

面接で問われることは基本的に次の3つのことです。

・どんな人か
・なぜ働きたいか
・当社でどうなりたいか

順番に解説していきます。

あなたはどんな人ですか?

このような質問を聞かれたときは、自分の魅力や強みをアピールするようにしましょう。

自己PR、学生時代に力を入れたこと、自分の強みとは何なのかを確認することが重要です。

自分がどんな人間なのか、客観的に見れるといいですね。

自己PRについては、こちらの記事で詳しく書いてあります。

【行動力】新卒が自己PRで自分を上手にアピールする方法【例文あり】
面接などで必要となる自己PRでは、上手に自分をアピールするある方法があります。特に大切なのは自分の行動力を示すことです。例文付きでどのような自己PRを考えればいいのかを紹介します。

なぜ当社で働きたいのですか?

この質問で大事なことは、企業選びの軸を考えることです。

自分の中で何を考えてこの企業で働きたいのか、志望動機をしっかりと伝えましょう。

 

また、曖昧な志望理由では他の会社にも通用してしまいます。

会社のことを良く調べ、その会社でしかできないことを志望動機にすることがおすすめです。

当社でどうなりたいですか?

会社でどうなりたいかを言う事で、どれくらいの本気度かをアピールすることができます。

その会社でやりたい事、自分の目標を具体的に言う事で、考えがまとまっている人材だと思わせられます。

キャリアプランを意識して面接に臨むのがいいですね。

 

というわけで今回はここらへんで終わらせてもらいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッターもやっていてビジネスや仕事に対してのツイートもするので興味のある方はフォローしてくれると嬉しいです。

この記事を書いた人 寺場友達(てらばともだち)

寺場友達のTwitterアカウントはこちら

stand.fm≫≫ 寺場友達の仕事と日常の話 | stand.fm

この記事がいいと思ったらSNS等で拡散してくれると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました