実行力、行動力を上げるには大切な3つのポイント【やる気を出すためには】

実行力、行動力を上げるには大切な3つのポイント マインド

仕事をうまくこなすための仕事術や思考法などを書いている寺場友達です。

今回のテーマは、実行力、行動力を上げるポイントについてです。

 

この記事は以下のような人に向けた内容になっています。

・なかなか行動できない
・行動力、実行力が欲しい
・行動するためのポイントが知りたい

実行力、行動力が上がるポイントを紹介します。

この記事を読むとこのようなことがわかるようになります。

・行動的になる方法がわかる
・やる気が出ないときに実行する方法がわかる
・集中して行動する方法がわかる

 

実行力と行動力を上げるには

実行力と行動力を上げるには

以前このようなツイートをしました。

行動力が足りない人はとてつもない損をしています。
人生の限られた時間の中で、より多くのことをするには行動力がとても大事。行動してると、してないとでは、人生の質が大きく変わってきます。
時間の損をなるべく少なくする為にも、行動力を上げていきましょう。

 

行動力、実行力を上げるためのポイント

行動力、実行力を上げるためのポイント

やる気スイッチを入れることを決める

行動力を上げることに大切なことは、脳をやる気モードにすることです。

脳がやる気を出していないと、徹夜明けのように何事にも集中力が出ず、行動力が下がってしまいます。

脳を起こすためには、やる気スイッチを入れることを先に決めておいて、何か行動したいときにその決めたことを実行することがおすすめです。

つまりやる気スイッチを入れるための行動を決めておくことが重要なのです。

 

オススメにやる気スイッチの入れ方はこのようなものがあります。

・コーヒーや紅茶を飲む
・作業用BGMを聴く
・香水をかける

コーヒーや紅茶はカフェインが入っているので、脳を覚まします。

作業用BGMや香水をかけることは、脳の意識が嗅覚や聴覚によって刺激されてはっきりするので、やる気が湧き出てきます。また、においは集中力を出すことも期待できるので、オススメです。

実際に僕が仕事をするときに使っている香水はこちらです。

 

ローズマリー・カンファー 50ml インセント エッセンシャルオイル 精油 アロマオイル

加湿器に入れて使ってます。

 

ローズマリーの匂いは集中力を高める効果もあるので、行動力を切らすことなく仕事に取り組めます。

仕事中に集中力が無くなったり、行動的になれないという方は、一度試してみる価値があると思いますよ。

ローズマリーの匂いが苦手だという方は、自分に合った香水を是非探してみてください。

 

Amazonで香水を探す

 

ご飯を食べることは、やる気スイッチを入れるための行動としておすすめしません。血液が胃に行ってしまい、脳への血の量が少なくなってしまうので、集中力や考える力が低下してしまうのです。

ご飯を食べた後は行動力が無くなるので注意しましょう。

 

やらざるを得ない状況を作る

行動力というのは、「行動力を減らす原因の少なさ」で大きく変わってきます。どういうことか説明すると、やるべきことをちゃんと見定めるという事です。

やらなければいけないことがあったとしても、ゲームやスマホをついつい触っていしまったり、テレビを見てしまったりと、ほかのことが邪魔でなかなか行動できません。

自分が行動力を高めれる環境を作ることがとても大事なのです。

 

部屋にある仕事の邪魔になるようなものは、片っ端から片付けて誘惑をなるべく減らしていきましょう。

実際に、仕事がたくさんできたり行動力が高い人は、部屋に余計なものは置いていません。

実家に住んでいたりと、環境を変えることが難しい人は、別の環境に飛び込むことができます。例えば静かなカフェで仕事をしたり、何か行動したいことに対して特化している道場的なものに飛び込んだりと、やり方はたくさんあります。

行動力、実行力を上げたい人は、身の回りの無駄なもの、誘惑的なものが何かを探し出して、排除していくことがとてもおすすめです。

そんなことをしても大して変わらなさそう…と思ってる人も、一度試してみてください。かなり効果がありますよ。

 

やらざるを得ない環境を作ることの大切さは、こちらの動画でも詳しく解説されています。

行動しなくてはいけないのがわかっていても、なかなか行動できない人はぜひこの動画を見てください。とてもためになります。

失敗を恐れずまずは行動する

何か行動を起こすときに、失敗することを恐れて実行に移せない人が結構います。

何か失敗するかも、と考えることは当然のことですが、未来のことは予測不可能なのでそんなことを考えていてもあまり意味がありません。

たとえ失敗したとしても死ぬわけではないと思うので、恐くなるのはわかりますが思い切って行動してみましょう。

失敗したらどうしようという考えではなく、失敗してもいいやとポジティブに考えることで、実行に移せますよ。

 

そもそも一度の行動で成功できるならこの世は成功者だらけです。失敗することは行動するならほぼ当たり前なことなので、失敗を恐れるのはあまり意味がありません。

失敗は起こるもの、そして失敗したらその部分を治せばいいだけ、と考えると行動力がぐっと上がります。

 

それに行動力を高めるには、行動することがとても大事なんです。

どういうことかというと、人は何か新しいことを始める時はめんどくささを感じてなかなか行動に移せません。しかし、一度行動を始めてしまうと、やる気がどんどん出てきて何時間も行動できてしまうというのがあります。

これは0~1にすることよりも、1~100にするほうが行動力が出て簡単だという現象です。このことを作業興奮といいます。

つまり0~1までの行動をやってしまえば、1~100は勝手に行動力が高くなるという事。

行動力を高めたいなら、0~1の行動をどうすれば実行できるかを考えてみましょう。

ちなみに、0~1を行動するために重要なポイントは、この記事で先ほど書いた、やる気スイッチを入れるための行動が参考になります。

 

というわけで今回はここらへんで終わらせてもらいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッターもやっていてビジネスや仕事に対してのツイートもするので興味のある方はフォローしてくれると嬉しいです。

この記事を書いた人 寺場友達(てらばともだち)

寺場友達のTwitterアカウントはこちら

↓↓↓応援のクリックお願いします!
マインド
寺場 友達

仕事をうまくこなすためのテクニックやマインドを発信している仕事術ブロガーの寺場友達です。
Twitter、Instagram、noteやってます。プロフィール名のリンクが自己紹介ページになっていますので是非ご覧ください。

寺場 友達をフォローする
寺場 友達をフォローする
テラバジョブ
タイトルとURLをコピーしました