人間関係の悩みを解決する17の方法【ストレスを無くす】

人間関係の悩みを解決する方法 マインド

仕事をうまくこなすための仕事術や思考法などを書いている寺場友達です。

今回のテーマは、人間関係を解決する方法についてです。

 

本記事はこのような人に向けた内容になっています。
・人間関係の悩みを解決したい
・人間関係につかれた
・人間関係の上手な作り方が知りたい

 

人の多くの悩みは人間関係によって引き起こされます。人間関係を改善することで多くの悩みを解消することができます。

人間関係の悩みは解決できる

以前このようなツイートをしました。

人間関係の悩みを持つ人に教えたいんですけど、人間関係はいくらでも解決する方法があります。僕も昔人間関係に悩んでいましたが、試行錯誤していくうちにいまではすっかり解決しています。コツとしては自分中心の関係を持つという事です。人間関係につかれた人は思考停止になるので注意が必要。

人間関係を無理に我慢しても何もいいことはありません。

世界累計部数475万部を超える『嫌われる勇気』という本を書いた心理学者アドラーは、人間の悩みはすべて人間関係によって引き起こされるといいました。

Amazon.co.jp: 嫌われる勇気 eBook: 岸見 一郎, 古賀 史健: Kindleストア
Amazon.co.jp: 嫌われる勇気 eBook: 岸見 一郎, 古賀 史健: Kindleストア

 

人間関係の悪化は人生を大きく傾けるので、この記事を読んで対策をしときましょう。

人間関係の悩みを解決する方法 1~10

人間関係の悩みを解決する方法

自分の参加するコミュニティを増やす

人間関係というのはコミュニティに参加することで発生するものです。自分の参加するコミュニティを増やせば、新しい人間関係を作ることができ、一つの人間関係に縛られずに生きていくことができます。

コミュニティを増やして人間関係を増やせば、一つの人間関係に依存することがなくなるので、人間関係の悩みを解消することができるでしょう。

新しいコミュニティに参加するには、習い事を受けるのがおすすめ。人間関係が作りやすいオススメの習い事はこのようなものがあります。

・料理教室
・ヨガ教室
・絵画教室

筋トレをする

筋トレをすると自分の体が目に見えて成長するので、自分に自信がつきます。

人間関係に悩んでいる人は自分に自信がない人が多いので、自信をつけることはとても重要です。自信がつけば自尊心が身につくことによって、人間関係の改善に意識的になります。

また、筋トレをすることによって疲れると、必然的に睡眠の質が良くなるので、ストレスが減ります。

自信がつく、自尊心がつく、睡眠の質が良くなる、ストレスが無くなるということで、筋トレは人間関係の悩みを解消する手段といえるでしょう。

人間関係に関する本を読む

人間関係に関しては、様々な研究機関が研究している題材です。多くの研究者がかかわっていることなので、それなりの解決策はすでにいくつか見つかっています。

研究結果をそのまま論文で読むのは非常に読みにくいので、本で読むようにしましょう。

人間関係について研究して人物が書いた本を読むことは、非常に有効な手段です。

人間関係に関するオススメの本はこのようなものがあります。

鈍感な世界に生きる 敏感な人たち (Highly Sensitive Person (HSP) ) (心理療法士イルセ・サンのセラピー・シリーズ) | イルセ・サン, 枇谷 玲子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでイルセ・サン, 枇谷 玲子の鈍感な世界に生きる 敏感な人たち (Highly Sensitive Person (HSP) ) (心理療法士イルセ・サンのセラピー・シリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。イルセ・サン, 枇谷 玲子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また鈍感な世界に生きる ...
内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法 (講談社+α新書) | スーザン・ケイン, 古草 秀子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでスーザン・ケイン, 古草 秀子の内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法 (講談社+α新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。スーザン・ケイン, 古草 秀子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また内向型人間が無理せず幸せになる唯一の方法 (講談社+α新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
Amazon.co.jp: 「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由~人間関係のカギは、自己肯定感にあった~ (小学館クリエイティブ) eBook: 加藤隆行: Kindleストア
Amazon.co.jp: 「会社行きたくない」と泣いていた僕が無敵になった理由~人間関係のカギは、自己肯定感にあった~ (小学館クリエイティブ) eBook: 加藤隆行: Kindleストア

このほかにも、アマゾンなどで多くがありますので、気になった方はチェックしてみてください。

アマゾンで人間関係の本をチェックする

 

また、人間関係の本に関しては、こちらの記事でより詳しく書いているので、ぜひこちらの記事もお読みください。

仕事や学校の【人間関係の悩みを解決する】本当にオススメな本7選
皆さんは人間関係についての悩みはありませんか?人生に大きな影響を及ぼす人間関係の悩みを持っている人はすぐに解決したほうがいいです。そのために、人間関係の悩みを解決する本当にオススメの本を紹介します。

 

人間関係をリセットする

人間関係に本当に悩んでいるなら、その関係をゼロにすることをオススメします。

すでに出来上がってしまった関係性を変えるのはかなり難しいので、その関係性自体から離脱するという事です。職場の人間関係が嫌なら転職すればいいし、学校の人間関係が嫌なら転校しましょう。

転校はなかなか自分の意志で決定できるものではないので難しいですが、転職なら自分の意志で実行することができます。

いきなり転職するのは難しいですが、少しずつ準備すれば必ずできます。

 

転職に関しては別の記事もかいているので、是非そちらもご覧ください。

モチベーションが上がらない仕事は退職すべき3つの理由【解決策あり】
死後世に対するモチベーションがさがってきたら、退職をするべきだと思います。退職をして別の職につけば人生の道が広がるので、モチベーションが下がるとなぜ退職すべきなのか理由を紹介します。

嫌われてもいいと考える

人間関係の悩みの根本的な原因は、相手に嫌われたくないと思ってしまう気持ちです。

相手に嫌われたくないという気持ちで人と接すると、いやなことがあっても自分の意見を言えなかったり、相手の気持ちに合わせるといったことでストレスが溜まっていきます。

相手に嫌われてもいいと考えることで、相手に合わせる必要がなくなり、自分自身を表現できるようになります。

記事冒頭の「嫌われる勇気」というのもこの方法に関係していますね。

Amazon.co.jp: 嫌われる勇気 eBook: 岸見 一郎, 古賀 史健: Kindleストア
Amazon.co.jp: 嫌われる勇気 eBook: 岸見 一郎, 古賀 史健: Kindleストア

人間関係の中心を自分にする

先ほどの嫌われてもいいと考えるということにいていますが、自分中心の人間関係にするという事も、人間関係の悩みを解決する一つの手段です。

相手の気持ちはどうだろう、相手は何がしたいんだろうという相手中心ではなく、自分はこれをしたい、自分はこういう気持ちだと思うことで、余計なことを考えずに済みます。

自分中心だと人から嫌われやすくなりますが、そもそも嫌われるのが嫌だという気持ちを持つことが人間関係の悩みを生み出しているので、特に問題はないです。

自分に合う人だけとかかわる

友達は多いほうがいいと思っていませんか?

そのような考え方だと、友達を作ろうと頑張りすぎて自分と価値観が合わない人とも、無理に関係を持とうとしてしまい、ストレスにつながります。

 

友達は本当に価値観が合う人だけにしましょう。人間関係というのは、量ではなく質です。

本当に自分に合っているひとなら、友達は一人でも全く問題ありません。自分と価値観が同じ人とだけかかわるように意識すれば、人間関係の悩みは解消していきます。

自分の考えるを伝える

自分の考えを伝えるという当たり前のことができていない人は、意外にも多いです。

日本では相手の意見を読み解っていく文化ですが、それではいけません。アメリカのように自分の意見をバンバン言うことで、人間関係が徐々に自分に合ったものへと変わっていきます。

自分の考えを伝えるのが苦手な人はまず、頭の中で考えを良くまとめてから話すという事を意識するといいでしょう。

寝る

余計なことは何も考えずに寝ましょう。

寝たら大体のことは忘れますし、ストレスも軽減できます。

自信をつける

自信をつけることは自尊心を身に着けるという事です。

自尊心が身につけばこのようなメリットがあります。

・ストレスに強くなる
・人からの意見に影響されにくくなる
・精神力が強くなる

このようなことが身につくと人間関係の悩みを解消しやすくなります。

人間関係の悩みを解決する方法 11~17

誰かに相談する

人間関係にかかわらず悩みを抱えている人は、ほかの人に相談することで新しい解決策が生まれることがあります。

自分一人で考えるだけではなかなか解決しないことは、誰かに相談しましょう。

人間関係の悩みを相談するには、友達が多くて人間関係がうまくいっている人にするのがいいでしょう。

また、人と問題に対して話すことはストレス解消にもなり、精神が安定して新しい解決策を生み出しやすくなります。

心理学を応用する

悩みというのは精神に関する問題なので、心理学を学ぶことで悩みを解決することができます。

人間関係を良くしてくれる心理学はこのようなものがあります。

・メラビアンの法則
・解放性の法則
・類似性の法則
・ミラーリング

心理学は研究者によって見つけ出されたものなので、個人差はあると思いますが効果は保証できるものだと思います。

栄養素を利用する

人との関係が悪くなると、ストレスよって正常な判断が難しくなります。ストレスを感じないようにするためには栄養素を利用するといいでしょう。

幸せになれるといわれるホルモンのセロトニンが体内で多くなると、ストレスが軽減してそもそも人間関係に悩まないようになります。

幸せホルモンであるセロトニンは、トリプトファンという栄養素を摂取することで体内で生成されます。

トリプトファンを多く含んでいる食べ物はこのようなものがあります。

・牛乳
・ピーナッツ
・卵
・バナナ

チクる

人間関係を悪くする人物というのは、自分に原因があると気づいていないことがほとんどです。

もしくは気付いていてもわざとやってくるどうしようもない人なので、直接注意しても人間関係がよくなることは少ないです。

そんな時は人間関係を悪くしている人よりも目上の人物にチクりましょう。

チクるというと悪いようなイメージがありますが、決めつけるのは良くありません。

何もしないよりは何か行動したほうが絶対にいいです。チクることは一瞬で問題が解決できる可能性があるので、すぐに人間関係を改善したい人にオススメの方法です。

相手のいいところを見つける

相手の悪いところだけを見てしまうことは、相手との関係性も悪くしてしまいます。

悪い点が目に付くのはわかりますが、相手のいい点を見つけ出すことで関係性が改善することがあります。

相手を認めることで対立が少なくなるので、人間関係が改善します。

相手のいい所を見つけるだけでなく、自分のいい所を相手にわかってもらうこともすれば、より改善できるでしょう。

最低限のかかわりにする

相手とのかかわりがあることで人間関係が悪化するのであれば、その人と会わないことを続ければ問題を解決することができます。

しかし、必ず接しなければいけない状況にいる人は、その人と会わないことを続けるなんて難しいですよね。

そんな時は接する機会を0にするのではなく1に減らすことを心がけましょう。

自分と人間関係を悪化させている人が合わなくても成立することは、ほかの人に頼んだりしましょう。会う機会を少なくすれば、問題は減っていきます。

相手の好きなことを話す

相手との会話や関係を良好なものにしたい人は、相手の好きなことを話すといいです。

好きなものって何ですか?と聞けば、相手は好きなことなので楽しくどんどん喋ってくれます。

また、相手の好きなことを知ろうとすれば、その行動自体に相手は感動するので友好な関係を築きことができます。

人間関係に悩んだら

人間関係に悩んだら

人間関係に悩んだ人がやるべきことは、その問題を解決しようとすることだけだと思います。

この記事で書いたことのなかで自分に合ったものを試してみて、ぜひ皆さんの人間関係をいいものにしてほしいです。

このように人間関係を良くする方法はたくさんあるので、悩みがある人はぜひ解決してみてください。

人間関係をよくする方法についての動画がありましたので、気になった人はぜひご覧ください。

 

というわけで今回はここらへんで終わらせてもらいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッターもやっていてビジネスや仕事に対してのツイートもするので興味のある方はフォローしてくれると嬉しいです。

↓↓↓応援のクリックお願いします!
マインド
寺場 友達

仕事をうまくこなすためのテクニックやマインドを発信している仕事術ブロガーの寺場友達です。
Twitter、Instagram、noteやってます。プロフィール名のリンクが自己紹介ページになっていますので是非ご覧ください。

寺場 友達をフォローする
寺場 友達をフォローする
テラバジョブ
タイトルとURLをコピーしました