スマホで仕事の生産性を上げる!意外と知られていない4つの機能を紹介

生産性を向上させるiPhoneの賢い使い方【誰でも簡単にできる】仕事術

こんにちは。仕事術に関する情報を発信している寺場友達(@terabais)です。

今回のテーマは、生産性を上げるスマホの使い方についてです。

 

この記事は以下のような人に向けた内容になっています。

仕事の生産性を上げたいけど、スマホで何かできないかな?生産性を上げるスマホの賢い使い方を知りたい。

スマホは便利ですが使い方を誤ると、時間をどんどん奪っていきます。

スマホのせいで仕事ができなくなってしまうのは嫌ですよね。

ちなみにこの記事では主にiPhoneの機能について紹介していますが、アンドロイドでも同じような機能はついているので大丈夫です。

 

この記事を最後まで読むと、生産性を向上させるiPhoneの使い方を知ることができるので、仕事ができる人間になります。

スマホの使い方を気を付けたい、生産性を少しでも上げたいと思うなら、この記事を読む価値があります。是非最後までご覧ください。

iPhoneの生産性を向上する賢い使い方

iPhoneの生産性を向上する賢い使い方

以前このようなツイートをしました。

皆さんはスマホを賢く使えていますか?すごい機能がたくさんあるのに、まさかゲームやツイッターしかやっていないという事はないですよね。スマホは賢い使い方をすると、仕事の生産性がぐんと上がるアイテムになります。生産性を少しでも上げたいなら、気にしたほうがいいですよ😌

iPhoneの賢い使い方を紹介します。

生産性を上げるiPhoneの使い方

生産性を上げるiPhoneの使い方

アラームで時間意識を付ける

皆さんはスマホに熱中しすぎて、つい一時間も時間を無駄にしてしまったという経験はありませんか?

スマホは面白いアプリやサービスが大量にあるので、熱中してしまうし無限に時間が無くなっていきますよね。

 

そんな時はアラームを活用してみましょう。

アラームは何も、目覚ましの時に使うだけではありません。

一日の中でつい気が緩んでしまう時間帯や、仕事を始めたい時間にアラームをセットしておくと、時間を意識させてくれますよ。

ゲームなどで時間を意識していないときでもアラームが鳴ることで、仕事に意識をシフトしやすくなります。

具体的にアラームをセットするとオススメな時間は次の通りです。

・お昼ご飯を食べた後
・集中力が切れそうな午後
・寝る前の一時間前

ご飯を食べた後や午後は、集中力が落ちがちです。

そんな時にアラームをセットすれば、時間に意識的になれるので生産性がぐっと上がりますよ。

また、寝る前の一時間前にアラームをセットしておけば、寝る前にスマホを触ってしまい睡眠時間が少なくなることも予防できます。

睡眠時間が減ることは生産性をとても下げてしまうので、絶対にやってはいけないことです。

アラームの音が気になる人は、バイブレーション機能だけにしたり、アラーム以外で時間に意識的になれるものを活用するといいですよ。

アプリの使用時間の制限

スマホに熱中しすぎてしまうと、仕事ができなくなったり時間が奪われたりと、生産性がとても落ちてしまいます。

つまり、生産性を上げるには、スマホを熱中しすぎずに使うという事がとても大事なんです。

そこでオススメな方法は、アプリの使用時間を制限するという事。

 

実はiPhoneにはアプリの使用時間を制限できる機能があります。

自分自身で時間を設定すれば、スマホに熱中しすぎて仕事ができないことが無くなるので、生産性を上げることができます。

設定方法は、【設定】→【スクリーンタイム】→【Appの使用時間の制限】から設定できます。

 

ソーシャルネットワーキング、ゲーム、エンターテイメントなどのカテゴリ別、アプリ別に設定ができるので、自分の生活に合ったスタイルで設定しましょう。

使用時間を過ぎてしまっても、自分で設定すれば、継続して使うことも可能です。

抵抗がある人も、まずは生産性を上げる第一歩として、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スケジュールを壁紙にする

皆さんのスマホの壁紙は、どんな画像を使っていますか?

自分の好きな画像だったり、カラフルな画像を使っていることが多いと思います。

ですが、ホーム画面の画像というのは、一番多く目に入る場所ですよね。そんな場所は活用しないわけにはいきません。

ホーム画面の壁紙は、仕事の生産性が上がるような画像にすることをオススメします。

例えばこのようなものがありますよ。

・モチベーションを上げる画像
・一日のスケジュール
・名言

 

個人的に一番オススメな方法は、一日のスケジュールを壁紙にする方法です。

メモアプリにスケジュールを書いたものを、スクリーンショットして使うのがおすすめ。

スマホを開くたびに自分がやるべきことが目に入るので、常に生産的になれますよ。

お休みモードの設定

生産性を上げるには、睡眠を良質なものにするのがとっても大事です。

そんな、生産性に重要な役割を持っている睡眠を、良質なものにすれば生産性も上がっていきます。

そしてiPhoneには、睡眠の質を上げるとこができる機能も付いているのです。

それはおやすみモードです。

 

おやすみモードは、自分で決めた時間帯に通知音などが出なくなる機能です。

寝る前に通知が来てついついスマホを触ってしまう事ってありますよね。

そんなついついを無くしてくれるのがおやすみモード。

設定方法は【設定】→【おやすみモード】からできます。

また、同じ人から三分以内に二度目の着信があった時や、よく使う連絡先の通話からは通知を知らせるといった、細かな設定もできますよ。

睡眠の質をあげて生産性を上げたい人は、ぜひ試してみてください。

生産性を向上させる方法

生産性を向上させる方法

生産性を上げる方法は、スマホ以外でもたくさんあります。

ここからは、スマホを使わないでできる生産性を上げる方法を紹介します。

生産性を上げるアイテムを使う

生産性というものは、自分の身の回りの環境や、どんな道具を使っているのかで大きく変わっていきます。

どんなにやる気があってスキルが高い人でも、集中できない環境や劣悪な道具を使っていたら生産性が下がりますよね。

つまり、生産性を上げるには、生産性を上げるアイテムを使う必要があるという事です。

生産性を上げるアイテムは具体的にはこのようなものがあります。

・モニター
・チェア
・タイムロッキングコンテナ

さらに詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

在宅勤務の作業効率を上げる本当におすすめなアイテム5選【便利グッズ】
今回のテーマは、在宅勤務の作業効率を上げるアイテムついて。 この記事は以下のような人に向けた内容になっています。 在宅で仕事をしてるけど、家だと何となく作業がはかどらないな…。作業効率を早く終...

記事自体は自宅勤務の人に向けた内容ですが、それ以外の人にも役にたつと思いますよ。

モチベーションを上げる

生産性を上げるには、モチベーションも大切です。

どんなに環境が整っていても、自分自身のモチベーションがないと仕事になりません。

しかし、自分でモチベーションを上げるのって難しいですよね。

 

そんな時は、モチベーションを上げてくれる本を読むことがおすすめです。

すでに成功している人や、憧れの人が出した本を読めばモチベーションが上がって生産性も上がりますよ。

本を読むことで新しい考え方や知識が身につくので、著者が興味ない人であっても、気になる場合は読んだほうがいいです。

 

モチベーションを上げる本に関しては、以前にこちらの記事で詳しく書いたので、ぜひこちらをご論ください。

仕事のモチベーションを上げるおすすめな本20選【やる気が出る本】
仕事のやる気やモチベーションが上がらずに、困っている人はいませんか?仕事のモチベーションを上げる方法で有効的なものはやはり本を読むことです。様々なモチベーションを上げる本の中から、本当におすすめしたい本を紹介します。モチベーションに対する知識をおすすめの本で知っておくことで、どんなことに対してもやる気が出てきますよ

多くの方に読まれている本ばかりを厳選したので、どれもおすすめです。

 

というわけで今回はここらへんで終わらせてもらいます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。ツイッターもやっていてビジネスや仕事に対してのツイートもするので興味のある方はフォローしてくれると嬉しいです。

この記事を書いた人 寺場友達(てらばともだち)

寺場友達のTwitterアカウントはこちら

stand.fm≫≫ 寺場友達の仕事と日常の話 | stand.fm

この記事がいいと思ったらSNS等で拡散してくれると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました